食レポ コツについて

食レポのコツは「五感に沿って」行うこと

食レポが上手。
これは今やタレントや芸能人、レポーターなどにとって重要なスキルの一つとなっています。
近年ではご当地の郷土料理番組や大食い番組などグルメを扱うメディアは圧倒的に増え、大変な人気となっています。
そんな中上手な食事レポートをする人材はメディアに引っ張りだことなっていますが、一方で「食レポは難しい、苦手だ」という声も多く聞かれます。
そこで誰でも簡単に食事レポートを行うことができるコツをお教えします。
上手な食事レポートをするコツ、それは五感について順番にコメントするだけで良いのです。
人間の五感とは視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚の五つの感覚のことを指します。
例えば目の前に鉄板で焼かれたハンバーグがあるなら、まず大きいとか肉汁が出ている、ジュージュー美味しそうな音が聞こえると視覚と聴覚についてのコメントをします。
さらに美味しそうな肉の焼ける匂いとひき肉の歯ごたえも良いですね、などと嗅覚と触覚についても触れ、最後に一番重要な味覚について、自分がどう思ったかありのままの味を表現すれば形になる食事レポートの完成です。
五感に沿ってレポートしていけばそう難しいものではないので、食レポをする機会があれば自信をもってコメントしてみましょう。

Copyright(c) 食レポ コツ All Rights Reserved.