食レポ コツについて

素直に丁寧にを目指して

おすすめのお店と人に紹介する時、どの様に伝えていますか。
せっかく勧めたお店ですから行ってもらいたいですが、説明がうまくできていないと人はなかなか足が向かいません。
美味しさの伝わる食レポをして皆に紹介しましょう。
ここで相手によく伝わるコツをお教えします。
もう自分は食べたのだから「美味しかった」と言う事はわかっています。
それを相手に冷静に、素直に伝える事が大切です。
つい美味しさを思い出して興奮して話してしまったり、どう伝えればいいのかと大袈裟になってしまいます。
しかしテレビのレポーターではないので「味の玉手箱だった」など言う必要はないのです。
どんな部分がおすすめなのか(値段、お店の雰囲気ならそこを細かく伝える)味なら自分の注文したものを丁寧に説明しましょう。
例えばハンバーグを食べたとします。
「すごく大きくてアツアツで、ソースもいい感じだった」ではおすすめ部分が伝わりにくいですね。
「値段の割りにボリュームがあって、鉄板にのってくるからずっと熱いまま食べれたし、ソースはテリヤキベースでご飯とも相性抜群だった」ならどうでしょう。
お皿の上が浮かぶようではありませんか。
この様に自分の感じたままをちょっと丁寧に伝える事で、相手が行きたくなる食レポになります。
ぜひ参考にしてみて下さい。

Copyright(c) 食レポ コツ All Rights Reserved.